2013年01月27日

坐骨神経痛の事


docomo、SoftBankの方はこちら

auの方はこちら
冬の日本海と佐渡.jpg

皆さんこんばんは。今回は私のめんげん体験談を書いてみようと思います。
坐骨神経痛の前に、私には元々腰を痛めた経験があるのです。実は中学生時代に軟式テニス部に所属していたのですが、その時に腰を痛めてマネージャーに転向しました。記憶が定かではないのですが、多分第二腰椎が悪かったんじゃなかったかな?軟骨が飛び出していると言われた様な気がします。第二腰椎は腎臓、軟骨は食べ過ぎに関係が深い。今顧みると正に冷えから来る症状だったんですね。
冷えとりを始める前に1年くらいずっと腰痛で悩んでいました。左側のお尻から足首まで痺れがあって、仕事がデスクワークなのにもう、椅子に座っているのが辛いんです。かと言って散歩に行くのに歩いても痛い、寝ていても痛い・・・。その頃はちょっと事情があってなかなか医者に行く事もできませんでしたので自分なりにネットで調べて『坐骨神経痛』という診断を自身に下した訳です。そこで先ず取り組んだのが骨盤を矯正するという事をやってみようと思い、補正下着を取り入れました。ユ○クロのスタイルアップインナーのパンツを着用したのです。これは確かに効果がありました。ただ、やはり圧迫するからお腹とか足の付け根とかちょっと苦しいんですよね。でも、痛いのが怖くて寝る時も手放せませんでした。

腰痛一つとってもそんな状態だったあの頃の私はもう、精神的にもそうとう参っていて・・・そんな自分を何とかしたくて飢える様に健康に関する本を読み漁っていました。今も続いているアロマバスや布ナプもその延長線上にあるのです。そんなこんなで進藤義晴先生の『新版 万病を治す冷えとり健康法』との運命の出会い!!まぁ、元々その前に『ずぼらな青木さんの冷えとり毎日』を古本屋さんで入手していた事もあって、『冷えとり』についての知識はあったのです。でも、本当にやってみようと思ったのは義晴先生のご本がきっかけでした。
で、冷えとりを始めて数週間経った頃、思い切って補正下着を脱ぐ事にしました。最初はやはり痛みがあったので寝る時だけ脱ごうとか、徐々に離れる様にして行ったんだったかな?その内すっかり良くなって腰痛の事も忘れかけた頃、やっぱり来ました〜。めんげんが!今思えば、歪んだ部分が戻ろうとする時にもう一回どどんと痛みが来たんだなって分かるんですけど。その時だけは一着だけ残しておいたスタイルアップインナーのパンツにお世話になりましたね。(苦笑)

今はもうすっかり腰痛は良くなりましたので残った最後の一枚も処分しました。もし、又腰痛が出た時は半身浴と食事のコントロールで乗り切る自信もつきましたので。(^^)v冷えとりファッション5.jpg←おまけの冷えとりファッション(プライベートショット)です。

posted by happydepocky at 23:34| Comment(2) | 冷えとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。腰痛が良くなって良かったです。私も昔病院で看護助手をしていた頃、腰痛で苦しみました。今も時々痛みます。腰痛は腎臓と関係があるのですね。私は臆病なので腎臓が悪いです。なかなか臆病は直らず苦労しています。
Posted by ゆうこ at 2013年01月28日 13:30
ゆうこさん アハハ…。臆病は私も一緒ですよ!多分一生治らないと思っています。だから、そういう自分を分かってあげないと…。^ ^
どうぞ自分で自分を抱き締めてあげて下さいね。
Posted by happydepocky at 2013年01月31日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。